文字の大きさ :  拡大   縮小   元に戻す 
 

トップ >「山形県 庄内商談会2019」に協働ロボットを出展しました

◆ 「山形県 庄内商談会2019」に協働ロボットを出展しました 

令和元年9月19日(木)、三川町のいろり火の里 文化館「なの花ホール」において開催された「山形県 庄内商談会2019」に、当センターの協働ロボット「Sawyer(ソーヤー)」を出張展示しました。


 

会場入り口付近に設けた出展ブースには、商談会に参加された多くの企業の方々が訪れてくださいました。人と同じ空間で働く産業用ロボット−「協働ロボット」について、安全柵などで人と隔離された状態で作業する従来型の産業用ロボットとの違い、プログラミングのし易さや導入コスト等、数多くのお問い合わせを頂きました。

《 イベントへの出展について 》
 現在、県内のものづくり企業は、労働力の確保と生産性向上などの課題に直面しています。これらの課題の打開策のひとつにロボットの活用が挙げられます。山形県工業技術センターでは、企業様一社一社のご要望に合わせ、ロボットに関する情報収集から人材育成、生産ライン構築及び技術開発に至るまで、実際に「ロボットを見て、触れて、試して」頂きながら支援を行っています。
その一環として、産業用ロボットを一般の方々にも広く知っていただくため、各種イベントに出張展示を行っています。

お問い合わせ先
  ロボット技術科
  TEL: 023-644-3222 
  FAX: 023-644-3228

トップ > 「山形県 庄内商談会2019」に協働ロボットを出展しました