文字の大きさ :  拡大   縮小   元に戻す 
 

トップ > 主要設備 > 工業技術センター 金属/鋳造/非破壊/熱処理 > エックス線デジタル画像撮影システム

◆ エックス線デジタル画像撮影システム(工業技術センター/非破壊関係)

精密万能試験機機の外観

精密万能試験機機の外観 精密万能試験機機の外観
エックス線デジタル画像撮影システム
@富士フィルム(株)製
  Dynamix HR² [写真上]

Aエクスロン・インターナショナル(株)製
  SMART EVO 300D
  [写真左下:制御部、右下:本体]

平成30年度導入

   
(公財)JKA補助事業


【主な用途・仕様】

 エックス線を用いて、製品や材料の内部を非破壊で観察する装置です。従来はフィルムを用いて撮影していたエックス線透過像を、イメージングプレート(IP)を用いることでデジタル形式の画像を得ることが出来ます。デジタル形式とすることで、液晶画面上で観察しPC上で観察結果の解析を行うことが可能です。
 また、観察結果をデジタル形式で受け渡しが出来るようになり、これまでのフィルム方式に比べ、より迅速な非破壊検査の対応が出来るようになりました。

<@エックス線デジタル画像読取装置>
 ・ 最大画像読取サイズ:35×43cm
 ・ 最小読取画素サイズ:25μm

<Aエックス線発生装置>
 ・ 管電圧:50kV〜300kV
 ・ 管電流:0.5mA〜4.5mA
 ・ 最大X線出力:900W
 ・ 焦点寸法:3.0mm


【担当部署】 精密機械金属技術部:金属グループ

【設備使用の項目・使用料】 設備使用とは? ご利用いただけません
【受託試験の項目・手数料】 受託試験とは? エックス線検査(デジタル)
手数料はこちらをご覧ください

このページについてのお問い合わせ
 ○○○○部 ○○担当
Tel. XXX-XXX-XXXX
Mail: XXX@XXXX.XXXXXXX.XX

トップ > 主要設備 > 工業技術センター 金属/鋳造/非破壊/熱処理 > エックス線デジタル画像撮影システム